今小学校に通っているきみへ

言葉を勉強する理由は、何かなと考えました。

我々の祖先についてちょっと話しますね。

我々の祖先は、学校でも習ったようにクロマニョン人です。

ある時期ネアンデルタール人とクロマニョン人は、一時期混在して

共存していたと言われています。その中からクロマニョン人だけが

生き延び、ネアンデルタール人は滅んだのは、なぜ?

どうやら、喉仏(のどぼとけ)の位置が生死?を分けたようです。

クロマニュン人の喉仏は、ネアンデルタール人のそれよりも下方に

あった。そのことによって、音声を共鳴させる部分が長くなったと

いうことです。

ネアンデルタール人も簡単な「音」を発していたようですが、複雑

な発音は出来ませんでした。それに対して、クロマニョン人は子音

を含む発音が可能になり・・・つまり、「言葉」を手に入れたので

す。

言葉を手に入れたということは、経験や体験を蓄積することができ

るようになったということです。

言葉は、我々人類の発展に欠かすことの出来ない重要なアイテムで

す。それは今も昔も変わりません。いくら科学が進歩しても、社会

が発展させるために言葉は絶対に必要な存在であり続けるもので

す。

だから、我々は言葉を学ばなければいけないのです。

それが、きみが言葉を勉強する最大の理由です。

分かったらお父さんお母さんにこのことを伝えてみてはどうです

か。たぶん、へえーって言ってくれると思いますよ。